グローバル・スタンダード

国際標準に準拠させたい-DMCにお任せください

論文執筆には、すべての論文が準拠すべき
グローバル・スタンダードというものがあります。

例えば、簡単なクイズで一例を挙げましょう。

Q. イントロダクション部分の最終パラグラフの冒頭は、
次のA~Cのどの始め方が適当でしょうか?

A. 論文全体の要約
B. その研究による主要な発見に対する見解
C. その研究が必要とされる主要な理由の明示

正解はCです。
AとBを述べるためには、他にふさわしい箇所があります。

論文内の各部ごとに、そこで論じるべき情報は決まっています。

特にイントロダクションと本論の部分では、その場所で論じるべき情報はパラグラフごとに定まってさえいます。
このような国際標準を満たすことによって、あなたと同様に月3~5本、時には10本以上の
論文を読んでいる世界中の数百万人の研究者が期待する論文の様式に準拠することができます。
グローバル・スタンダードに適っていれば、読者から感謝されるかもしれませんが、
逆の場合には彼らの時間を無駄にすることになります。

DMCに校正をお任せくだされば、このグローバル・スタンダードに関する心配はご不要です。
研究データのまとめに専念いただき、グローバル・スタンダードの準拠については私たちにお任せください。