従属概念の表現

従属関係は等位関係よりも数が多く、より複雑です。なぜなら概念同士の従属関係には、ほぼ等しい関係からまったく違う関係まで、幅広い関係が含まれるからです。よって従属概念には、等位概念よりも表現方法がたくさんあり、正しい従属レベルを表す表現を選択するためにはコツが必要です。

2つの関連する概念を見てましょう:

概念1:人体は第2鉄より第1鉄をより効率的に利用する。
概念2:第1鉄は食物中にはあまり存在しない。

上の2つではほとんどの場合、概念2よりも概念1の方が重要です。では、どうすればこの2つの従属関係を正しく表せるのでしょうか? 以下に考えうる3つの方法を挙げ てみます。

A.従属節を使う
Although it is the less frequent form in dietary sources, the body uses ferrous iron more efficiently than ferric iron.
→「第1鉄は食物中に多くは存在しないが、人体は第2鉄よりも 第1鉄をより効率的に利用する」

B.関係詞節を使う
The body uses ferrous iron, which is the less frequent form in dietary sources, more efficiently than ferric iron.
→「人体は、第2鉄よりも食物中に多くは存在しない第1鉄を、より効率的に利用する」

C.形容詞句を使う
The body uses the less frequent ferrous iron form more efficiently than ferric iron.
→「人体は、それほど多くは存在しない第1鉄を、第2鉄よりもより効率的に利用する」 

これら3例中の概念2は、Aから順に段階的に重要性が異なります。

A.重要(ただし概念1よりもやや重要でない)>B.ある程度重要>C.重要でない

表で説明すると次のようになります。
 

第 1段階
概念1と2の重要度を見極める
第2段階
適用する法則を決める
第3段階
概念2の文法表現を選ぶ
第4段階 文章にする
概念1:概念2 60:40 2 従属節 第1鉄は食物中に多くは存在しないが、人体は第2鉄よりも第1鉄をより効率的に利用する。
75:25 3 関係詞節 人体は、第2鉄よりも食物中に多くは存在しない第1鉄を、より効率的に利用する。
90:10 1 形容詞句 人体は、それほど多くは存在しない第1鉄を、第2鉄よりもより効率的に利用する。

Article written by Guy Harris

次のページへ 前のページへ

目次

  1. 英文ライティングの基本
  2. 文章各部の価値序列
  3. 【文章に必要な条件1】概念は正しい価値序列に従って表現する
  4. 等位概念の表現
  5. 段落間の等位性
  6. 従属概念の表現
  7. 従属概念の表現例
  8. 【文章に必要な条件2】効率的な表現-文章のむだを省く
  9. むだを削った効率的な表現例
  10. 付録:文法用語