文章各部の価値序列

  • 法則1.文>節>句>単語

    文章を構成する各要素の重要度には、文>節>句>単語という順列があります。
    「文」は「節」よりも、「節」は「句」よりも、「句」は「単語」よりも重要です。
  • 法則2.独立節(または主節)>従属節

    独立節は従属節よりも重要です。
  • 法則3.従属節>関係詞節

    従属節は関係詞節よりも重要です。
  • 法則4.名詞=動詞>形容詞=副詞

    名詞・動詞は、形容詞・副詞よりも重要です。
  • 法則5.等位接続詞とセミコロンは、等位関係を示す

    セミコロンと等位接続詞(and, but, yet, for, or, nor) は、重要度が同じ概念同士を接続します。
  • 法則6.副詞的接続詞は、ほぼ等位の関係を示す

    副詞的接続詞(however, thus, therefore, in particular, also など)は、重要度がほぼ等しい概念同士を接続します。
  • 法則7.従属接続詞は従属関係を示す

    従属接続詞(although, since, as, because など)は、重要度に差がある概念同士を接続します。

*ここで使っている文法用語の説明は付録にあります。

Article written by Guy Harris

次のページへ 前のページへ

目次

  1. 英文ライティングの基本
  2. 文章各部の価値序列
  3. 【文章に必要な条件1】概念は正しい価値序列に従って表現する
  4. 等位概念の表現
  5. 段落間の等位性
  6. 従属概念の表現
  7. 従属概念の表現例
  8. 【文章に必要な条件2】効率的な表現-文章のむだを省く
  9. むだを削った効率的な表現例
  10. 付録:文法用語