執筆代行サービス

執筆する時間がない方へ

データは豊富にあるが、論文を執筆する時間がない-そんな多忙な方の論文出版をご支援するのが、この「執筆代行サービス」です。
抄録(アブストラクト)とデータをお送りいただいた後、当社担当とお客様との間で原稿の確認を含めたやりとり(改訂)を繰り返し、DMCが論文を投稿できる状態に完成させます。

論文作成作業はDMCにお任せを

「執筆代行サービス」は、お客様にかかるライティングのご負荷を軽減するサービスです。
DMCには数千報の論文を扱ってきた経験があり、論文のグローバル・スタンダードも完全に把握しています。ご依頼いただいた論文には、どのような形式と書き方が最適であるかの判断も的確に下せます。

電話 03-6459-1545 またはメールで ご連絡ください


「執筆代行サービス」のプロセス

「執筆代行サービス」のプロセスはいたってシンプルです。

Step 1

抄録(アブストラクト)とデータ、主要な参考文献をお送りください。日本語でも英語でも結構です(ただし、日本語原稿・データ等から英文論文に完成させるご依頼の場合は、一度英文に翻訳させて頂きましてから作業を開始いたします。まずはご相談ください。)。それらを元に関連知識を得るとともに、論文作成について検討させていただきます。所要時間は1週間程度です。

Step 2

電話か、お客様の元に直接お伺いし、論文のバックグラウンドや目的、研究手法、結果、データなどについて打ち合わせをさせていただきます。所用時間は30分~1時間です。

Step 3

ステップ2で得られた内容を元に、最初のドラフトを作成します。それをお客さまにレビューしていただいた上で、ディスカッションを行います。質問やコメントと、フィードバックをくり返し、双方のギャップを埋めてゆきます。主要時間は1週間程度です。

Step 4

その後は、通常の英文校正サービスと同様です。お客様の専門知識とDMCの論文作成に関するノウハウを組み合わせ、共同作業によって改訂をくり返し、原稿を完成させます。所要時間はケースバイケースですが、通常3週間~3ヶ月程度です。

Step 5

目指すジャーナルへ投稿します。

納期

上記の所要時間は一般的なもので、論文によって異なります。
お急ぎの場合には「優先サービス」もご用意しています。詳しくは、発注フォームをご覧ください。

料金

「執筆代行サービス」の料金は、論文の複雑さや長さによって異なります。見積をご請求ください。なお図表作成の料金は別途かかります。ご希望の際はお問い合わせ下さい。

なお、執筆代行の過程で、当社からご提案した原稿に対しまして、大幅な改定(データそのものの変更等)を度々ご要望される様な場合は、当初見積価格とは別に、追加で料金をお願いする可能性もございます。

 

作業開始後のキャンセルについて

当社作業開始後にご依頼をキャンセルされる場合は、当該論文が未完成でも、それまでの作業量に応じた料金を頂戴致します。

 

学位論文を執筆中の皆様へ

「執筆代行サービス」の目標はお客様にかかるライティングのご負荷の軽減と、論文を投稿出来る状態に完成させることです。DMCでは雑誌等へ投稿するための投稿論文に限り、ご支援させて頂いております。雑誌等への投稿を伴わない学位取得のための学位論文の場合、こちらのサービスは倫理上お引き受け出来ません。

当社の執筆代行サービスについて

こちらのサービスは英語論文対象のサービスとなっております。日本語論文には対応しておりません。日本語原稿・データ等から英文論文に完成させるご依頼の場合は、一度英文に翻訳させて頂きましてから作業を開始いたします。まずはご相談ください。