円グラフ

円グラフの構成

円グラフの構成は一般的に単純で、通常は円とラベルがあるだけです。

円グラフの使い方

円グラフは通常、データの総和が100%近くになる場合に使われます。それ以外では別形式のグラフが適しています。

円グラフの比較は避ける
 

長さの比較に比べ円グラフの比較は一般的に困難です。特にデータが似ている場合、円グラフの比較では違いを見分けにくく、避けた方が良いでしょう。普通は他の形式のチャートが使われます。例えばふたつの円グラフは、ひとつの棒グラフにした方が良いでしょう。加えて棒グラフの方がスペースを取りません。
 

3次元円グラフは使わない

パイは3次元で描かれている方がおいしそうに見えますが、データを示す際には3次元である意味がありません。円グラフの多用や、円グラフを離して記載することも避けましょう。
 

Article written by Nicolas Bottari