線グラフ

Y軸

Y軸のラベルは簡単にし、括弧付きで単位を添えます。単位は“Milligrams of protein” ではなく“Protein (mg)”のように書きます。Y軸の目盛には7個以上の数字は書かない方が良いでしょう。例えば100%までの結果は10%刻みではなく20%刻みにします。
 

Y軸の目盛開始点:

データに適した目盛を選びますが、常に0から始める必要はありません。
例えば、データが80%から始まる場合、Y軸上の開始値は70%にします。最高値以上あるいは最低値以下の部分はなくても良いでしょう。

スケールの錯覚:

折れ線グラフには目盛効果 scaling effects があります。目盛効果とは、Y軸目盛の付け方により、データの表現や解釈が変わることを言います。下の例は2組のデータの折れ線グラフです。

X蛋白の生産率は2化合物でともに10倍に増加していますが、Y軸目盛からはAの生産率の方がBより有意に増加している印象を与えます。この印象は、2組のデータの目盛を適切に選択することで除去できます。もう一つの解決法は各組のデータを別のグラフにすることです。

同様に、細かい目盛では急勾配、大きな目盛では緩やかな勾配であるような錯覚を与えます。次の例は小学1-6年の生徒の算数の成績を示しています。目盛の取り方によって、学年が進むに従って急速に進歩したように見えますが、実際はわずかです。

 

次にタンパク質の取り込みに関する統計データの例を示します。

X軸

X軸のラベルも簡単にし、単位を括弧付きで添えます。時間は経過の順に過去から最新までとします。

線のフォーマット

ジャーナルによってバーの色にカラーが使えたり、白黒限定だったりするので対象ジャーナルのガイドラインを参照してください。灰色線の場合、異なった影付にすると線の交差時あるいは多数の線がある時に見にくくなるかも知れません。色を調和させる場合にも、線が識別しやすくなるよう配慮が必要です。点線や破線を用いる場合には、見分け易いものを使いましょう。平均値の点は丸、四角、三角、ダイヤ形などで示されますが、珍しいシンボルの使用は避けましょう。極端に細い線や太い線は読み取りが困難になるうえ、正確に点の上にのりづらいので用いない方が良いでしょう。
 

背景と格子線

グラフの装飾はできるだけ少なくしましょう。出版されているグラフでは一般に背景も格子線もありません。もし格子線が必要なら、できるだけ目立たないものにしましょう。

避けたい共通エラー

- 軸のラベルと単位(括弧付き)の間にスペースがない
- 背景に色を付けている
- バーの配置が詰まり過ぎ、あるいは空き過ぎている
- Y軸目盛の開始点が、データの数値が大きいにもかかわらず、0に
なっている
- フォントの種類やサイズが、軸ラベルや目盛、データで異なっている
 

Article written by Nicolas Bottari