簡潔に書く方法

優れた科学論文を書くためのいくつかの有用なヒントを、ミシガン大学のロッド・リトル教授が示しています。

そのひとつとして、教授は「科学論文は短いほど良い。論文は、簡潔・明瞭でなければならない」と述べています。重要な事項を漏らすことなく、しかし、できるだけ短くというのが教授の主張です。そうすることで、編集者から高い評価を得ると同時に、直に核心に触れることで、読者の強い興味を引き起こすことができます。

またリトル教授は、意味のない形容詞は省き、繰り返しをできるだけ避けるよう薦めています。そうしてできあがるのが、タイトで簡潔な、すっきりとした論文です。原稿の内容を最終的に見直した後、さらにもう一度見直しをかけ、 10%短縮することを目標に努力しましょう。


簡潔・明瞭化の例を二つ挙げておきます。

編集前: The repeated-measures design has been recognized to permit direct study of change over time within individuals, and thus considered to be a better approach than the cross-sectional study design in estimating effects of covariates.(36単語)
編集後: Unlike cross-sectional designs, repeated-measures designs permit direct study of individual-level changes over time, and effects of covariates on these changes.(23単語)

編集前: “In this section we apply our proposed models to the analysis of the data with compliance as the outcome of interest. The main objective of this analysis is to investigate how treatment preference and assignment preference affect the compliance status.”(40単語)
編集後: “In this section we apply our proposed models to the data with compliance as the outcome. The objective is to investigate how treatment and assignment preferences affect compliance.”(28単語)

DMCのウェブサイトから無料でダウンロードできる資料類を有効に活用し、論文の質をさらに向上させましょう。「優れた文章に必要な2つの条件」を押さえ、読みやすい論文にしましょう。

DMCは、徹底的な校正と著者との共同見直しを通じて、あなたの論文の品質を最高レベルにまで高めるお手伝いをいたします。優れた研究データと当社の英文校正を組み合わせれば、まさに最強の投稿論文が出来上がります。