論文発表のためのヒント

Science誌(リジェクト率90%!)の編集者が語る科学系学術誌での論文発表のヒント

論文をアクセプトに導くためにおおいに参考になる記事を、Science誌の副編集長Katrina Kellerが書いています。Science誌に寄せられる年間12,000報もの論文のうち90%がリジェクトされており、この記事のアドバイスは読む価値があります。

Science誌の編集者として、優れた論文とは、革新的な研究結果を提示しているものだということは良く承知しています。しかしまた優れた論文は、その内容を明確で論理的な筋道に従って語っていなければなりません。論文の背後にある思考が明確だからこそ、文章も明確になります。優れた研究論文を書くには、戦略的な考え方、トレーニンング、そしてノウハウが必要であると思います」

「提出する論文のクオリティは最高に磨き上げましょう。読者は、発表された論文のクオリティによって、その背後にあるレベルの高さを判断するものです。投稿先の編集者や査読者も同様です。書き方が雑駁であると、綿密に行われた実験も台無しになってしまいます。論文の原稿にはケアレスミスがないことが重要です。また、形式を軽視しないこと。文章が明瞭/簡潔に書かれ、スペルミスや文法上の間違いがなく、さらに論理が歯切れよく明快であることがとても重要なのです」
この記事の全文は、下記でご覧いただけます。

もっと知りたい方はここをクリック。