血液検査の驚くべきグラフィックビュー

どんな臨床医も血液検査の結果を目にすると思いますが、通常、検査結果はそれぞれの項目ごとに正常な範囲や単位等が書かれた長いリストで表示されています。

しかし、これらの項目が他とどのように関連しているのか気になったことはないでしょうか。

それらの関連性を、質量やモル濃度で分類されたわかりやすい一つのグラフ上で見たいと思ったことはありませんか?

たとえば、こんな風に。

どうです?魅力的でしょう?

質量のレベルの範囲は、約0.1ng/dLあたり[成人女性のエストラジオール(卵巣ホルモンの一種)]から150g/L(ヘモグロビン)にまで及んでいます。

尖った先端はこの限界値がゼロか、もしくは検出出来ないくらい少ないということを表しています。また、段々と色が薄くなっているものは、検査機関によって検出結果に若干のばらつきがあるということを表しています。

素晴らしい全体図をこちらからご覧下さい。うまく表示されない場合はこちらのWebsiteにある一番上の図表をダウンロードしてご覧下さい。図表が小さい場合は、図表上でカーソルをクリックすると、拡大してご覧頂けます。

Article written by Guy Harris