森和俊教授ラスカー賞受賞

カテゴリー: DMC News

京都大学 森和俊教授の2014年ラスカー賞受賞をDMC一同、心よりお慶び申し上げます。

今回の賞は、森教授の小胞体ストレス応答 - 小胞体に存在する有害な構造異常タンパク質を検出し、矯正手段を講ずるために核へ情報を伝達する細胞内品質管理システム – に関する諸発見に対して授与されました。

受賞に関するニュース映像はこちら

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00277050.html

当社は2005年以降、森教授の研究室の論文の全ての英文校正を承っており、森教授の研究室ウェブサイトも当社が作成しました。英文校正をさせて頂いた論文の中には、今回のラスカー賞受賞のきっかけとなる論文も含まれております。また、ラスカー賞受賞式のスピーチ原稿のブラッシュアップもさせて頂きました。微力ではございますが、森教授のお手伝いをさせて頂いている事を当社は大変誇りに思っております。

これまでの森教授の重要な研究をお手伝いする機会を頂いた事に感謝すると同時に、今後の研究につきましても、引き続きサポートさせて頂きたいと思っております。