学術誌における写真の不正加工

NYタイムスのニコラス・ウェード記者は、「写真の不正加工が科学分野で大きな問題となっている。すでにいくつかの学術誌はこの問題について対応し始めた」と報告しています。

「The Journal of Cell Biologyが論文中の写真に不正加工があるかどうか調査したところ、そうした例が広範に存在することが明らかになった。学術誌の編集部で、同様の調査を検討しているところもある」そうです。

また「こうした事例のうち1%で、データの改ざんが行われていることも明らかになった」といいます。

もっと知りたい方はここをクリック。

 

Article written by Guy Harris