パソコンのおかげで、論文を読む手間が省ける?

パソコンがあなたの代わりに新しい論文に目を通してくれる日が来るかもしれません。毎月数千報にわたって化学論文が発表されますが、それらに目を通さなければならない科学研究者にとって、救済の手が差し伸べられる日もそう遠くないかも知れません。2007年2月から始まったRSC学術論文電子化によって、コンピュータによる論文データの読み込み、索引付け、高度な検索が事実上、可能な時代になりました。

もっと知りたい方はここをクリック。