DMCのご紹介

DMCは、医学(基礎・臨床)、薬学(製薬を含む)および生物学関連の分野で、英語によるコミュニケーションのお手伝いをいたします。

DMCは1995年より、医学・薬学・生物学分野を中心に、「英語によるコミニュケーション」関連のサービスを提供してまいりました。研究者・臨床医などの個人のお客様から、学会や病院、大手製薬会社まで、多岐にわたる皆様のお手伝いをさせていただいております。

DMCは幅広い研究分野に対応いたします。大病院や研究所などからの依頼も多く、DMCの専門家が担当する学術英語論文の校正には、常に高い評価をいただいております。

DMCのサービスにつきましては、国内でベスト3位に入る大手製薬会社から15年以上にわたり、投稿論文や試験報告書の英文校正を一手に任されてきたことからも、品質ならびに信頼度の高さをお分かりいただけると思います。

またDMCは英文校正サービスだけでなく、WHO後援の国際会議の運営、医療コミュニケーションや telemedicineに関するオリジナル論文の執筆、業界ニュースの発行、定期研究会の主催、数百人以上の研究者への医学薬学論文の執筆指導なども行ってきました。

DMC株式会社はガイ・ハリス博士によって設立されました。博士は1988年以来、個人の英文校正者として、製薬会社や研究者を支援してまいりましたが、1995年4月、英語によるコミニュケーションを通じて関連事業を幅広くサポートするために、英文校正業務を基盤とするDMC社を設立いたしました。

ハリス博士は、国際遠隔医療学会の創設に関わり、その事務局長を歴任、Telemedicine Today誌でも編集長を務めました。